【Daysgone】大群を可能な限り引き連れて安置を目指す【動画】

ハースストーンのシャドーボックスに挑戦してみた

Twitter上で見かけたりして前から挑戦してみたかったシャドーボックス!

シャドーボックスとは

シャドーボックスとは17世紀のヨーロッパで流行したデコパージュの技法の1つで、 その後アメリカに伝わり、立体的に発展して出来たハンドクラフトです。 デコパージュとはフランス語で、切り抜く、切り裂くなどと言う意味です。紙に描かれた模様や絵の切り抜きを貼って物の表面を飾り、コーティング剤を塗り重ねていく工芸です。  引用元

巨大ガマ

ハースストーンのシャドーボックスに挑戦してみた

デビュー作はデザインが前から好きだった巨大ガマで挑戦してみました。
作業時間は8時間程度。

シャドーボックスらしき物にはなったけど、なんだか奥行きが足りない感じです。それと全体的に縁のギザギザが目立っていますね。。

警備ローバー

f:id:meevo:20190328231555j:plain

二作目は、闘技場でごく稀にお世話になる警備ローバー君です。
作業時間は10時間程度でした。
デザインが好きだった事と、縁取りが比較的はっきりしていたので加工もし易いかと思いました。

こちらもやはり縁の処理が甘いせいか、「紙感」が残っていますね。丸みがないというかね。

いやー難しいですが、めちゃくちゃ面白いですねシャドーボックス。

作るにあたって、ネットでも色々シャドーボックスに関する記事を調べてみたのですが、作っている方それぞれやり方や工夫が違っていて、そこもまた魅力かと思いました。

次回はヴードゥー人形に挑戦してみようかと思っています!