YOUTUBEも更新中

PS4コントローラーのスティック異常の修理には接点復活剤がおすすめ

新品のPS4コントローラーを購入してすぐに、視点が勝手に上を向くという異常が起きるようになりました。

デッドゾーンの設定が可能なApexLegendsなどでは、誤魔化しながらプレイすることも可能だったのですが、他のタイトルでも起きるようになってしまった為、以前からネットで耳にしていた接点復活剤を購入して分解修理に挑戦してみました。

コントローラーは2016年より発売された、新型のデュアルショック4(CUH-ZCT2J)になります。型番は背面より確認出来ます。
PS4コントローラーのスティック異常の修理には接点復活剤がおすすめ

分解

STEP.1
カバーを外す

コントローラー背面の4本のネジを外して前面背面のカバーを分解します。カバーはツメで強く固定されているので隙間を少し作ってマイナスドライバーを差し込んで外しました。
PS4コントローラーのスティック異常の修理には接点復活剤がおすすめ

STEP.2
コネクタを外す

背面カバーと繋がっているコネクタを外します。
PS4コントローラーのスティック異常の修理には接点復活剤がおすすめ

PS4コントローラーのスティック異常の修理には接点復活剤がおすすめ

STEP.3
バッテリーマウントを外す

バッテリーマウントを固定しているネジを外します。この時にバッテリー自体も基盤から外しておくと良いかもしれません。
PS4コントローラーのスティック異常の修理には接点復活剤がおすすめ

基盤上部にあるオレンジのコネクタも外せるようですが、自分は外しませんでした。
PS4コントローラーのスティック異常の修理には接点復活剤がおすすめ

STEP.4
カバーから基盤を外す

スティックを手で押し込みカバーから基盤を外します(基盤に繋がる赤、黒のケーブルはそのまま)
PS4コントローラーのスティック異常の修理には接点復活剤がおすすめ

PS4コントローラーのスティック異常の修理には接点復活剤がおすすめ

STEP.5
接点復活剤をかける

スティックを手で外し、根元部分に接点復活剤をかけます。
PS4コントローラーのスティック異常の修理には接点復活剤がおすすめ

組み立て直して完了です。

分解せずに接点復活剤をかける方法

カバーを付けたまま、スティックの根元の隙間より接点復活剤をかけるという方法もよく見かけますが、スティックの付け根は傘のような形になっている為、基盤部分まで届かせるとなると大量に吹きかけないといけない事もあり、個人的にはおすすめしません。

 

この分解作業自体は二ヶ月ほど前に行ないましたがそれ以降異常は一切起きていません。

携帯の充電器の接触不良などにも使用出来るので、接点復活剤なかなか便利な商品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA